レビトラのジェネリック医薬品であるのがバリフです。
レビトラと同じ成分を使って作られているので、レビトラと似たような効果を感じることが出来ます。
それだけでなくとてもリーズナブルなことが特徴です。

パートナーに内緒で服用してもバレることなく、性行為が行えると人気があります。
服用は1日に1回までとなっており、続けて飲む場合は最低でも24時間以上あけなくてはなりません。
ED治療薬の定番のバイアグラがありますが、そちらよりも効き目が早いと言われています。
服用する時間を考えなくていいので、効き目が早い方がなにかと便利だと言えるでしょう。

どのくらいの早さで効いてくるかといいますと、個人差がありますが早い人だと服用から15分ほどで効いてくる人もいるようです。
私はだいたい20から30分の間だと考えていて服用するようにしています。

飲酒してもあまり影響がないと言われているので、いつも缶ビール1本ぐらいはのんでいますが、しっかりと効果を感じることができています。
もちろん飲みすぎは良くないと思いますが、少しなら問題ないようです。
また私は服用するときはなるべく空腹時に飲むようにしています。

脂っこい食事でなければ問題はないようですが、やはり空腹時の方が効きが良い感じがするので、私は空腹時に飲むことをおすすめします。
くすりがしっかりと吸収されればその後は何を食べても問題はありません。
私は基本的に一回を集中して行う派なので、効果がどのくらい続いているのかはいまいち分かりません。
ただ最大で5時間程度続くと言われているようです。

もちろん個人差があるのでみんなが5時間効果が続くと言うわけではないでしょう。
しかしこれを参考にすると30分前に服用したとしても、残り4時間以上あるので時間のことは考えずに性行為を行うことができるのではないかと思います。
ED治療薬というと本当に効果があるのかと疑問に思う方もいると思いますが、バリフを含めたくさんのED治療薬は効果があると思います。
人によって合う合わないはもちろんあるでしょうが、勃起力について悩んでいるのであれば、一度試してみる価値はあるでしょう

個人輸入について

ED治療薬は医療機関で購入するほかにも個人輸入と言う形で入手できます。
少しでも安く購入したい、医療機関に脚を運ぶ手間を省きたいなどの理由で個人輸入による購入を選ばれている方もいらっしゃいますが、まだ日本では認可されていないジェネリック的な医薬品を購入する目的で個人輸入を選ぶ方もいらっしゃるようです。

転載元・・・バリフの効果と体験談

副作用

私が今まで使ったものは副作用が出にくいということもあり、ほとんど副作用を感じたことがありませんし、今では性行為の際にはなくてはならないものになりました。
みなさんが気になる副作用ですが、私はたまに顔が熱いと感じる程度です。
まれにひどい頭痛を起こす方もいるようですが、その場合は市販の頭痛薬を飲んでも問題ありません。

その他の副作用の症状には鼻づまりなどもあるそうですが、すべてくすりの効果とともに自然と消えていくので、重症化することはありません。
成人男性で持病のない方なら安心して飲むことが出来るED治療薬だと思います。
持病などがある方はその病状や服用しているくすりによっては、こちらを服用できない場合もあるので医師に相談するようにしてくださいね。

残念ながら「血圧」に問題を抱える方々は、ED治療薬が使えません。
いわゆる高血圧をお持ちの男性は利用を控えたほうが無難です。
またお薬の個人輸入代行HPにも、そういった注意書きが見られます。
自分の身体をよく考えて海外製医薬品は使いましょう。
また低血圧症や心臓病をお持ちの方々も大きなリスクがあるため、事前に専門医や信頼する医院に、相談した方が賢明です。
通院中の方や闘病中の方々も、出来れば事前によく注意書きを読み、気になる点は専門家に確認しましょう。
ED治療薬バリフは色々な状況で使えるお薬です。
他系統の医薬品には、お酒に弱い点や食事によって影響される難点があります。
その一方でレビトラジェネリックは、そういったデメリットが無く、レストランで食事を取った後でも、問題なく服用出来ます。
外食の頻度が多いユーザーは他系統のお薬ではなく、バリフなどのレビトラジェネリックが、パートナーとして向いています。
シアリス系統のお薬も、食事やお酒に耐性を持っていますが、その系統の商品は、即効性が薄いという別のデメリットが見られます。
レビトラ系統のお薬であれば、食事やお酒に強い上に、服用後15分から30分で効果が現れるため、即効性が期待出来ます。
ED系の先発薬は主に欧米企業によって製造・販売されています。
反対にそのジェネリック薬は、インド国内で作られる事が多いです。
バリフもまたインド製の海外製医薬品になります。
オリジナルであるレビトラとは、製造国や製造企業が異なっています。
しかし、ジェネリック薬なので医薬品としての作用や効用は全く同等、ペニスをサポートする時間や薬の発現までの時間なども同じです。
ED系の先発薬はどれも抜群の知名度を持っていますが、やや1つあたりの単価が高めになっています。
1錠あたりの価格が1500円、1800円、2000円といった価格帯です。
少し一般家庭にとって、そのお薬代は辛いものがあります。
特に製造企業や生産地、パッケージのデザインや商品名称といった部分に、強い思いをお持ちでなければ、お買い得なバリフ一択で進めたほうが良いかもしれません。
医薬品立国を目指す昨今のインド、そこで製造されるお薬は品質が高く、信頼性・安全性ともに高い評価を集めています。
バリフ服用は性行為を行う60分前が適しています。
お水やお茶、お湯などで胃の中まで一気に流し込みましょう。
途中で噛んでしまうと医薬品の効果が正しく発揮されません。
小さな錠剤ですが、唾液だけで飲み込もうとせずに、キチンと市販されているミネラルウォーターや水道水で服用したいところです。
ED治療薬は服用後、およそ30分で体内に吸収されます。
その後であれば、脂っこいラーメンや餃子、お酒なども基本的に食べられます。
ただお酒の摂取量には注意しましょう。
ED治療薬の影響により、酔いが早くまわってしまう事があります。
適量を心がけてワインやビールを嗜みましょう。

バリフと呼ばれるED治療薬は、既存のお薬に比べて副作用が軽くなっています。
どうしても副作用が生じるED治療薬、出来れば軽度の製品を選びたいところです。
今では実に数多くの製造企業が男性向けの製品を生産・販売し始めています。
出来れば事前に色々なホームページをチェックし、製品単位で比較しましょう。
即断即決で品物を選ぶのもスピーディーですが、じっくりと比較検討を重ねてから、自分のニーズにマッチした商品を選んだほうが、失敗を避けられます。

ED治療薬全般に見られる副作用は次の通りになります。

  • 顔やカラダ全体のほてり
  • 動悸
  • 筋肉痛
  • 視覚の変化等

です。
バリフの場合、こういった症状がとても優しくカラダに表面化するため、難なく個人でも対応出来ます。
副作用が現れ次第、椅子に座る等して、安静を保っておけば自然と症状は収まっていきます。
確かにお薬のデメリットは厄介なものですが、それはあくまで効き目の裏返しです。
ED治療薬に限らず副作用が全く存在しないお薬はありません。
バリフの場合、特に動悸や偏頭痛といった副作用が穏やかなので、デメリットを低く抑えたい男性に最適な商品になります。
またレビトラ系統のお薬を利用したユーザーによっては、ほとんど頭痛や筋肉痛を実感しなかったと話す人々がいらっしゃいます。
副作用が生じにくいというメリットに加えて、レビトラジェネリックには外食に強いという特長が見られます。
洋食店で提供されるステーキ肉やハンバーグには多くの脂分が使われています。

 既存のED治療薬はそういった食物に含まれる脂に弱く、同時間に服用してしまうと、お薬の効果がほとんど失われてしまいます。
その点、レビトラ系統の商品は違っていて、食材に使われるオリーブオイルや、お肉に含まれた脂によって作用が阻害されません。
無論、食前にバリフを服用した方がベストではありますが、外食を楽しんだ後にお薬を飲んでも、キチンと医薬品の効果は発現します。
ラブホテルや宿泊先で性行為を頻繁に楽しむカップルには、既存のED治療薬よりも、レビトラ系統のお薬が適しています。
治療薬の効果を気にして、男性だけが外食を我慢するのは辛いだけです。
レビトラジェネリックならば、脂っこい料理に加えてお酒に弱くない、というメリットも含まれています。
適量のワインやビールなら服用する前に飲んでも大丈夫でしょう。
バリフはいわゆる即効型のお薬です。

デート途中に飲むお薬というよりも、出来れば性行為ギリギリに飲みましょう。
発現までの時間がとても短いため、あまりお外で飲む必要はなく、ラブホテルの洗面所や自宅のキッチン等で、服用すればOKです。
医薬品としてのピーク時間は服用から、およそ50分から60分頃になります。
それまでに布団の用意、避妊具の準備、就寝に向けての戸締まり等を済ませましょう。
若い男性によっては服用から20分、30分といった時間帯でペニスに反応があります。

海外製医薬品であるバリフは非常に魅力的な男性向け商品になります。
ただし、医薬品に区分される商品ですので正しく利用者は服用しなければいけません。
事前によく注意と副作用を理解し、それを納得した上で使いましょう。
レビトラジェネリックは非常に副作用が現れにくい商品として有名ですが、服用者によっては、使用後に色々な体調変化が訪れます。

主な副作用として挙げられるのが、動悸と視野の変化です。
どちらも海外製医薬品の副作用としては軽度、それ程恐れる必要は無いでしょう。
しかし、利用者によっては視覚のチラつき、色の変化が身体に生じます。
そういった症状が現れるお薬なので、ED治療薬を飲み込んだ後は、出来る限り外出は控えましょう。

特に自家用車の運転や自転車、バイクの操作は危険が伴います。
信号機の色、標識が普段通り確認出来ない恐れがあるからです。
とは言っても、バリフの服用によって生じた動悸や視野の変化は、休息を取る事で徐々に改善して行きます。
自宅や楽な場所で待機していれば、お薬のデメリットをほとんど実感しないので、いたずらに心配する必要はありません。

次に持病を抱える方々は、海外製医薬品を実際に使う前に、主治医や医院に相談しておきましょう。
持病によってはED治療薬が使えません。
特に高血圧症や心臓疾患など、そういった問題を抱える男性は要注意です。
大きな危険が伴うので、素人判断は控え、ED治療薬の服用に関して信頼できるドクターに質問すべきです。
またレビトラジェネリックに限定した話ではありませんが、海外製医薬品は一般的に効き目が非常に強いと言われています。
特に欧米の男性陣に比べて、日本人は平均的な体格です。
推奨されるバリフの服用量は、一日1錠になりますが、ヒトによっては、効き目が強く出過ぎる可能性があります。
出来れば最初から一気に1錠を利用するのではなく、四分の一や二分の一といった少量から始めたいところです。

ED治療薬に限らず、お薬は大量に摂取すれば良い、という製品ではありません。
特にレビトラジェネリックは即効性が強いお薬、そもそも一度にたくさん飲むメリットが無く、平均的な日本人男性ならば、二分の一や四分の一といった量でも、勃起持続の効用を得られます。
よくバイアグラ系統のお薬と比較されるバリフですが、レビトラ系統のお薬には、お酒に強いという長所があります。
どうしても既存のED治療薬はアルコールに弱く、ワインやビールが胃の中に残っているだけで、お薬の効用が上手く発現しません。
お酒やアルコールが入ったスイーツなどを、日常的に召し上がる男性陣は、バイアグラ系統のジェネリック薬ではなく、バリフなどの商品が向いています。
レビトラジェネリックもまたライバルであるバイアグラ同様に強い即効性を持っていて、服用後、15分から30分でペニスに嬉しい変化が発生します。
その後、ペニスを支える持続力はおよそ5時間程度、保たれます。

男性がEDに陥る原因は様々です。
その主な原因として挙げられるのが、いわゆる生活習慣病による影響になります。
やはり普段からメタボリック・シンドローム対策に励んでいないと、男性として大きなダメージを受ける恐れがあります。
肥満や生活習慣病によって発生したEDは、根本的な原因を除去しなければ回復しません。
家庭で治療するのは実質的に困難であり、生活習慣病に詳しい医院や専門家に、いち早く相談した方が良いでしょう。
その根本的な原因が取り除かれれば自ずと、男性機能も回復に向かいます。
そういった原因が挙げられる一方で、メンタル面が原因でEDになるパターンがあります。
若い世代に見られる機能低下は、こちらが主原因だと言われています。
将来に対する不安、性行為時に訪れる緊張やイライラ、そういったものがクモ糸のように絡み合って、状況を悪化させます。
メンタル面が引き金となって現れる男性機能の低下は、なかなか改善しません。
身体全体は病気一つ無くとも、精神的な問題によって心因性EDだけが発生するケースも珍しく無いのです。
ただ今では心因性EDに効果的な製品が続々と普及し始めています。
一般的な薬局ではまだまだ見かけませんがWEB上にあるお薬の輸入代行HPには、多種多様な男性向け商品が置かれています。
バリフと呼ばれるED系ジェネリック薬も、近頃注目されています。
まだまだ特別な商品という事もあってか、ED系先発薬は少し高値です。
安いところでは1錠1500円、高いところでは2000円前後になります。
一般男性でも手の出せる価格帯かもしれませんが、そのコストが毎回掛かっていては、他の趣味を削る必要が出て来ます。
「僕は絶対に先発薬であるバイアグラやレビトラじゃないと嫌だ」といった強い思いが無ければ、同等の効果を持ったジェネリック薬の方が手軽です。
ジェネリック薬であるバリフには、先発薬と同じ持続時間が備わっています。
服用してから約5時間前後、男性機能の支援が実感出来ます。
5時間と聞くと何だか心細い感じがします。
しかしバリフの効果はとてもパワフルです。
性的刺激がキッカケとなり、一気にビンビンのペニスに変化します。
ペニスの先端がお腹に付いてしまう程の激しい勃起が始まり、途中で萎える事のない持久力が与えられます。
5時間というタイム・リミットがあるものの、その時間をフル活用出来るため、その時間全てを性行為に充てられます。
バリフによる支援があれば、抱き合ってから即挿入という進め方も可能になります。
ガチガチにそびえ立つペニスがあれば、今までチャレンジ出来なかったプレイや、激しい体位にもチャレンジ出来ます。
中折れの心配が無くなるだけでも、かなりの負担解消になるでしょう。
何度か射精してしまっても、モチベーション次第でどんどんペニスは復活します。
バリフ服用後すぐに性行為を始めれば、一夜で4回戦や5回戦のプレイも夢ではありません。

レビトラは男性の勃起不全を解消するためのED治療薬のひとつです。
即効性が評価されて愛用者も増加していますが、最近では、そのレビトラが安い価格で手に入るとしてレビトラのジェネリック医薬品が人気を集めてきています。
レビトラはドイツのバイエル社が開発、日本では2004年に厚生労働省に認証されて販売が開始されています。
日本で認めたED治療薬はレビトラを含む、バイアグラ、シアリスの3つしかありません。
国内で入手するには病院で処方してもらうのが原則となっており、レビトラのジェネリック医薬品とは異なる薬であるということは念頭においておきましょう。
それを踏まえて、レビトラのジェネリック医薬品とは何かということですが、レビトラと同じ有用成分を用いて他メーカーによって製造された医薬品のことです。

つまり、バイエル社が開発したレビトラがオリジナルとなり、そのオリジナルのコピーがジェネリック医薬品ということになります
コピーではありますがオリジナルと同じ有用成分を用いて製造しているため、その効果はオリジナルと同等のものが得られると思って間違いないでしょう。
もちろん、ジェネリック医薬品も信頼できる製薬会社が製造した医薬品ですので危険性はありません。
また、オリジナルに比べると薬価が安く、5分の1~7分の1程度の価格で入手できるのが特徴です。

レビトラを国内で入手するには先述したように病院で処方を受ける必要があるのですが、ED治療薬の処方は保険適用外となっています。
そのため、薬代は全て自己負担となり、決して経済的とは言えません。

レビトラの薬価は用量に応じて1錠1500円~2000円が相場ですが、加えて診察代なども含めれば、さらに高額負担になってしまうでしょう。
それを考えると、オリジナルよりも大分安い価格で手に入るジェネリック医薬品を購入したほうがお得であるということが分かりますね。
さて、レビトラのジェネリック医薬品には主にバリフやサビトラがあります。

中でもとりわけ人気なのはバリフですが、いずれも製造はインドの製薬会社です。
ただし、日本で販売認可されているのはあくまでもレビトラであり、レビトラのジェネリック医薬品は日本国内では販売されていません。
そのため、もしもジェネリック医薬品を購入する場合はインターネットから入手することになります。
正確には個人輸入をするということですが、薬事法では自身の病気の治療のため、もしくは個人利用に限り一定の数量の範囲なら医薬品を海外から輸入することを認めています。
よって、レビトラのジェネリック医薬品を個人輸入することも違法ではありません。
入手自体は難しいことはないのですが、個人輸入で購入した人の中にはトラブルに巻き込まれている人も少なからず存在しています。

安全に利用すればきちんとした商品が安い価格で手に入りますが、安易に利用すると思わぬ事態も引き起こしますので、利用は慎重に行いましょう

男にとって本来、性行為とは非常に楽しいものです。
しかし体調に不安を抱えた状態だと、その気分が一変します。
特にペニスそのものに劣等感を持ったままでは、楽しくナイトライフを続けられません。
せっかく良きパートナーが居ても自分自身の男性機能に問題があると、セックスレスになるリスクが出て来ます。
習慣化したセックスレスは、離婚や不仲の原因を作ります。
出来れば早めに対処し、予防したい問題です。

肥満体や生活習慣病が引き金となり、男性機能の低下が生じるケースもありますが、多くの場合、ストレスがその原因だと考えられています。
長時間勤務、複雑なデスクワークが常態化している昨今、普通に働いているだけでも、男性は心身に大きなダメージを受けます。
とは言っても男性機能を回復させるために仕事を長期間休んだり、辞職する事は全く現実的なアイデアではありません。
医薬品の輸入代行HPから、ED治療薬を取り寄せる等、現実的な方法に絞って対策を進めたいところです。
ED治療薬のカテゴリには色々な製品があり、最初は少し迷ってしまいます。

どの製品も優れた作用と主成分を持っていますが、自分の生活スタイルや、求める効果を持った商品を選びたいところです。
治療薬の分野には、主にシアリス、バイアグラ、レビトラといった三種の製品があります。

それぞれ系統ごとに個性が存在し、持続力や即効性に違いが見られます。
ただレビトラ系統の医薬品は、その両者を併せ持った商品になります。
シアリスよりもレビトラの方が即効性が強く、またバイアグラよりもバリフの方が、効果が長持ちする、といった個人の感想が多くネット上に掲載されています。
とりあえず三種の製品選びで迷ったら、バランス型のレビトラ系統がオススメです。
また、レビトラには既にお得なジェネリック薬が用意されています。

後発薬のバリフであれば、よりお手軽な値段でレビトラの効果を実感出来るでしょう。
双方とも、主成分やお薬に含まれた効果は同等になります。

「どうしても本家レビトラじゃないとダメ」等といった拘りが無ければ、安価なバリフが役立ちます。
バリフは、先発薬レビトラの完全コピー品ではないため、商品名称や製造で使われる化合物、添加物といった部分に違いが存在します。
しかし、レビトラ同様に15分から20分で生じる即効性が含まれていて、持続する期間も、同じく5時間と長めになっています。

価格差が数百円というレベルならお好みで選択しても平気です。

しかし、レビトラとバリフの間には、かなりの金額差があります。
先発薬が1500円から2000円前後という価格帯に対して、そのジェネリック薬は150円程度になっています。
お小遣いを節約したい方々は、金額面で比較すれば自然と答えが出るでしょう。
コンプレックスを抱える男子にとって、ED治療薬はナイトライフの必需品、出来れば、維持コストがお得なものをセレクトしたいところです。

男性のペニスに必要な要素、それは大きさだけではありません。
性行為をスムーズに進めるためには、適度な固さが要ります。
全体が柔らかいままでは円滑に挿入出来ず、途中で女性の身体から出てしまいます。
またフニャッとしたペニスに避妊具を付けるのは大変難しく、時間が掛かります。
避妊具の装着に手間取ると、一気に楽しいムードが消えてしまうでしょう。
無事性行為を最後まで楽しみたいなら、適度な固さを維持したいところです。

ただ現実問題として男性機能は加齢と共にじわじわと減少します。
その減退は20歳過ぎから始まる、という指摘もあります。
体力、精神力共に男のピークは20歳から25歳前後とも言われています。
その時期を超えるとペニスの勃起力が減り始め、固さや大きさ、持久力もダウンします。

大幅にダウンした勃起力、それを取り戻すためには長い月日が掛かります。
それこそ仕事をやめて郊外の別荘で休息を2年、3年と取らなければいけません。
その案は確かに健康的ですが、現実性に欠けます。
社会人として勤務や今の生活を続けながら、男性機能を改善させたいなら、素直にED治療薬のお世話になった方が良いでしょう。
お薬であれば普段の生活の中で気軽に服用出来ます。
バリフなどのED治療薬はとてもサイズが小さく、一見するとサプリメントや、普通の医薬品に映ります。
他人にチラッと見られる位なら、まず中身がバレないでしょう。
男性を助けるED治療薬と言えば米国産や欧州産の製品が有名です。
しかし今では、インド製のジェネリック薬が話題になっています。
「医薬品としてのメリットはそのまま、価格は超リーズナブル」、それがジェネリック薬の良いところになります。
残念ながらED系のジェネリック薬は、一般的な店舗には並んでいません。
品揃えの良いドラッグストアや大型薬局に足を運んでも、徒労に終わります。
インド製ジェネリック薬を秘密裏に入手したいなら、輸入代行HPに頼みましょう。
今どきの個人輸入代行HPには男性に嬉しいジェネリック薬が多数揃っています。
シアリスやレビトラジェネリックの品揃えも今では充実し始めています。

後発薬バリフは、先発薬であるレビトラよりもお買い得で、約十分の一程度でゲット出来ると言われています。
日本円に換算すると、1錠あたりが150円から200円前後になります。

ED治療薬としては破格の安さです。
シアリスやレビトラといった先発薬は基本的に1500円から2000円の価格帯、日常的にお薬を使いたい方は、コストパフォーマンスが良いものをチョイスしましょう。
バリフもまた一般的な治療薬同様に物凄い即効性を持っています。
服用した後、15分から30分で効用がペニスに働きます。
ペニスを支えるパワーは平均で5時間程度、パワフルに継続します。
固さは勿論、自分が持っていた本来のサイズが復活するため、見方によっては普段よりも大きな亀頭や陰茎にフォルムチェンジします。

セックスを心行くまで楽しみたいと考える男女は大勢いらっしゃる事でしょう。
ただ、状況によってはセックスを楽しむために、ある程度の出費が必要になります。
例えば自宅でセックスが出来ない場合はホテル代が必要となりますし、避妊する為にはコンドームの購入が必要となります。
この他に、男性がEDの症状を持っているならED治療薬の購入費が必要になるのではないでしょうか。
現在の日本では、ED治療薬は新薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスしか正式には認可されていません。
また、これらの治療薬は医師から処方を受ける必要があり、その価格は4錠入り一箱6,000円と決して安くありません。

EDは高齢の方だけが発症するものではなく、若い方にもその症状に悩んでいる方が多くおられます。
収入の少ない若い方に取っては、1錠あたり1,500円というED治療薬の価格はかなり高額に感じるのではないでしょうか。
また、若い方に限らず、ED治療薬の購入費を高額だと感じている方は大変多くいらっしゃる事でしょう。

そんな方におすすめしたいのが、個人輸入代行業者で購入できるバリフというジェネリック版ED治療薬です。
この治療薬はレビトラのジェネリック薬で、バルデナフィルを主成分としています。
その即効性の高さや効果の高さはレビトラと同様ながら、非常に安い価格で購入する事が出来ます。
具体的には10錠入りで3,000円強で購入出来るのです。
また、個人輸入代行業者は薬のまとめ買いをすると、更に購入費を安くする事が可能です。
例えばバリフ7箱を同時に購入すれば、全部で8,000円という価格で購入出来る業者もあります。
一箱が10錠入りなので、70錠で8,000円です。
これを一錠あたりで計算すると約114円という計算になります。
新薬の一錠1,500円という値段と比べれば、まさにバーゲン価格と言えるのではないでしょうか。
また、バリフには主成分バルデナフィルが20mg配合されているのですが、効果が強烈なので、半分に割って使っても十分にED改善効果が得られます。
割った治療薬はピルケースなどで保存しておけば、いつでも使用出来ます。

70錠を半分ずつにカットすれば、140錠のED治療薬が手に入るのです。
これだけあれば、使用頻度にもよりますが一年間は余裕を持って使えるのではないでしょうか。
さて、先述の通りバリフは日本では認可された医薬品ではありません。
この事から、安全性を心配する方もおられる事でしょう。

この治療薬を製造するアジャンタファーマー社はインド有数の大規模な製薬会社なのです。
アジャンタファーマーは、ED治療薬以外にも様々なジャンルのジェネリック医薬品を製造しています。
その安価なジェネリック医薬品は世界中で使われていて、世界各国の人々から信頼を獲得しているのです。
そんな確かなメーカーが作る治療薬であるバリフは、信頼できる医薬品だと言えるでしょう。

ED治療薬を使用する際に気になるのは、効果と効くまでの時間、薬の持続時間、副作用、それに価格や食事の影響を受けるかどうかといったところでしょうか。
この中で私が一番気にしているのは食事の影響と価格です。
正直、これまでED治療薬を使ってきて、効果はどれも、特徴はあっても出ないということはなかったですし、持続時間もエッチをするときだけで問題ありません。
副作用に関しても、出ないというED治療薬は聞いたことがありませんから、単に相性の問題のように思われます。
そこでまずは食事の影響を重視するということになるのです。

となれば、日本で2番目に認可が下りたことで有名なレビトラが最初に候補に挙がります。
このED治療薬は食事の影響を受けにくい上に、効果も早めに出るために、確かに素晴らしいのですが、価格が高すぎて結局最終選考から外れてしまいました。
ED治療薬はセックスの度に毎回使わなくてはいけない商品ですから、コスト面を考えるとどうしても厳しいのです。
そこで、コストパフォーマンスに優れたジェネリック医薬品に頼ることになります。
いくつか試してみた結果、最もコスパに優れているという結論に至ったのが、レビトラジェネリックのバリフです。

バリフは成分がバルデナフィルで同じなので、基本的にはレビトラと同じ使い方に同じ効果があります。
もちろん、バイアグラ系と違って食事の影響が少ないというのが最大のメリットになります。
ただ、食事の影響を受けないとは言っても、空腹のほうが確実に効きます。
とはいえ、脂肪分の多い食事やアルコールを大量に摂取しなければ、まず問題ないですし、そもそも食事をしないで使うなら、バリフを使う意味はあまりないので空腹云々はあまり関係ないのかもしれません。
お腹がすいた状態のセックスではハッキリ言って力が出ません。

バリフなら食事に神経質になる必要がなく、パートナーがいれば食事をゆっくり楽しんだ後に、力いっぱいのピストン運動ができるというわけです。
ちなみに、服用する量は1回に10mgを1錠が基本です。
もしこれで効果があまり感じられない場合は20mgまで増やすことができます。
このとき注意する点としては服用の間隔は必ず24時間以上あけることです。

副作用に関しては頭痛やほてり、胸焼けやめまいなどです。
普通はあまり気にするようなレベルの症状は出ないとは思いますが、あまりこれが続いたり酷かったりする場合は医師に相談したほうがいいでしょう。
もちろん使用量や相性の問題もあるので、自分に適した量を調節しながら使っていくことをおすすめします。
最後にコスト面ですが、バリフ20mgはレビトラ20mgのおよそ8分の1ほどの価格です。
ただし、これは量による単純な比較ですし、ショップによっても価格は違います。
いずれにせよ、コストパフォーマンスは素晴らしいので、お財布事情に悩んでいるのであれば利用してみるといいと思います。