レビトラは男性の勃起不全を解消するためのED治療薬のひとつです。
即効性が評価されて愛用者も増加していますが、最近では、そのレビトラが安い価格で手に入るとしてレビトラのジェネリック医薬品が人気を集めてきています。
レビトラはドイツのバイエル社が開発、日本では2004年に厚生労働省に認証されて販売が開始されています。
日本で認めたED治療薬はレビトラを含む、バイアグラ、シアリスの3つしかありません。
国内で入手するには病院で処方してもらうのが原則となっており、レビトラのジェネリック医薬品とは異なる薬であるということは念頭においておきましょう。
それを踏まえて、レビトラのジェネリック医薬品とは何かということですが、レビトラと同じ有用成分を用いて他メーカーによって製造された医薬品のことです。

つまり、バイエル社が開発したレビトラがオリジナルとなり、そのオリジナルのコピーがジェネリック医薬品ということになります
コピーではありますがオリジナルと同じ有用成分を用いて製造しているため、その効果はオリジナルと同等のものが得られると思って間違いないでしょう。
もちろん、ジェネリック医薬品も信頼できる製薬会社が製造した医薬品ですので危険性はありません。
また、オリジナルに比べると薬価が安く、5分の1~7分の1程度の価格で入手できるのが特徴です。

レビトラを国内で入手するには先述したように病院で処方を受ける必要があるのですが、ED治療薬の処方は保険適用外となっています。
そのため、薬代は全て自己負担となり、決して経済的とは言えません。

レビトラの薬価は用量に応じて1錠1500円~2000円が相場ですが、加えて診察代なども含めれば、さらに高額負担になってしまうでしょう。
それを考えると、オリジナルよりも大分安い価格で手に入るジェネリック医薬品を購入したほうがお得であるということが分かりますね。
さて、レビトラのジェネリック医薬品には主にバリフやサビトラがあります。

中でもとりわけ人気なのはバリフですが、いずれも製造はインドの製薬会社です。
ただし、日本で販売認可されているのはあくまでもレビトラであり、レビトラのジェネリック医薬品は日本国内では販売されていません。
そのため、もしもジェネリック医薬品を購入する場合はインターネットから入手することになります。
正確には個人輸入をするということですが、薬事法では自身の病気の治療のため、もしくは個人利用に限り一定の数量の範囲なら医薬品を海外から輸入することを認めています。
よって、レビトラのジェネリック医薬品を個人輸入することも違法ではありません。
入手自体は難しいことはないのですが、個人輸入で購入した人の中にはトラブルに巻き込まれている人も少なからず存在しています。

安全に利用すればきちんとした商品が安い価格で手に入りますが、安易に利用すると思わぬ事態も引き起こしますので、利用は慎重に行いましょう

Comments are closed.

Post Navigation