男性がEDに陥る原因は様々です。
その主な原因として挙げられるのが、いわゆる生活習慣病による影響になります。
やはり普段からメタボリック・シンドローム対策に励んでいないと、男性として大きなダメージを受ける恐れがあります。
肥満や生活習慣病によって発生したEDは、根本的な原因を除去しなければ回復しません。
家庭で治療するのは実質的に困難であり、生活習慣病に詳しい医院や専門家に、いち早く相談した方が良いでしょう。
その根本的な原因が取り除かれれば自ずと、男性機能も回復に向かいます。
そういった原因が挙げられる一方で、メンタル面が原因でEDになるパターンがあります。
若い世代に見られる機能低下は、こちらが主原因だと言われています。
将来に対する不安、性行為時に訪れる緊張やイライラ、そういったものがクモ糸のように絡み合って、状況を悪化させます。
メンタル面が引き金となって現れる男性機能の低下は、なかなか改善しません。
身体全体は病気一つ無くとも、精神的な問題によって心因性EDだけが発生するケースも珍しく無いのです。
ただ今では心因性EDに効果的な製品が続々と普及し始めています。
一般的な薬局ではまだまだ見かけませんがWEB上にあるお薬の輸入代行HPには、多種多様な男性向け商品が置かれています。
バリフと呼ばれるED系ジェネリック薬も、近頃注目されています。
まだまだ特別な商品という事もあってか、ED系先発薬は少し高値です。
安いところでは1錠1500円、高いところでは2000円前後になります。
一般男性でも手の出せる価格帯かもしれませんが、そのコストが毎回掛かっていては、他の趣味を削る必要が出て来ます。
「僕は絶対に先発薬であるバイアグラやレビトラじゃないと嫌だ」といった強い思いが無ければ、同等の効果を持ったジェネリック薬の方が手軽です。
ジェネリック薬であるバリフには、先発薬と同じ持続時間が備わっています。
服用してから約5時間前後、男性機能の支援が実感出来ます。
5時間と聞くと何だか心細い感じがします。
しかしバリフの効果はとてもパワフルです。
性的刺激がキッカケとなり、一気にビンビンのペニスに変化します。
ペニスの先端がお腹に付いてしまう程の激しい勃起が始まり、途中で萎える事のない持久力が与えられます。
5時間というタイム・リミットがあるものの、その時間をフル活用出来るため、その時間全てを性行為に充てられます。
バリフによる支援があれば、抱き合ってから即挿入という進め方も可能になります。
ガチガチにそびえ立つペニスがあれば、今までチャレンジ出来なかったプレイや、激しい体位にもチャレンジ出来ます。
中折れの心配が無くなるだけでも、かなりの負担解消になるでしょう。
何度か射精してしまっても、モチベーション次第でどんどんペニスは復活します。
バリフ服用後すぐに性行為を始めれば、一夜で4回戦や5回戦のプレイも夢ではありません。

Comments are closed.

Post Navigation