セックスを心行くまで楽しみたいと考える男女は大勢いらっしゃる事でしょう。
ただ、状況によってはセックスを楽しむために、ある程度の出費が必要になります。
例えば自宅でセックスが出来ない場合はホテル代が必要となりますし、避妊する為にはコンドームの購入が必要となります。
この他に、男性がEDの症状を持っているならED治療薬の購入費が必要になるのではないでしょうか。
現在の日本では、ED治療薬は新薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスしか正式には認可されていません。
また、これらの治療薬は医師から処方を受ける必要があり、その価格は4錠入り一箱6,000円と決して安くありません。

EDは高齢の方だけが発症するものではなく、若い方にもその症状に悩んでいる方が多くおられます。
収入の少ない若い方に取っては、1錠あたり1,500円というED治療薬の価格はかなり高額に感じるのではないでしょうか。
また、若い方に限らず、ED治療薬の購入費を高額だと感じている方は大変多くいらっしゃる事でしょう。

そんな方におすすめしたいのが、個人輸入代行業者で購入できるバリフというジェネリック版ED治療薬です。
この治療薬はレビトラのジェネリック薬で、バルデナフィルを主成分としています。
その即効性の高さや効果の高さはレビトラと同様ながら、非常に安い価格で購入する事が出来ます。
具体的には10錠入りで3,000円強で購入出来るのです。
また、個人輸入代行業者は薬のまとめ買いをすると、更に購入費を安くする事が可能です。
例えばバリフ7箱を同時に購入すれば、全部で8,000円という価格で購入出来る業者もあります。
一箱が10錠入りなので、70錠で8,000円です。
これを一錠あたりで計算すると約114円という計算になります。
新薬の一錠1,500円という値段と比べれば、まさにバーゲン価格と言えるのではないでしょうか。
また、バリフには主成分バルデナフィルが20mg配合されているのですが、効果が強烈なので、半分に割って使っても十分にED改善効果が得られます。
割った治療薬はピルケースなどで保存しておけば、いつでも使用出来ます。

70錠を半分ずつにカットすれば、140錠のED治療薬が手に入るのです。
これだけあれば、使用頻度にもよりますが一年間は余裕を持って使えるのではないでしょうか。
さて、先述の通りバリフは日本では認可された医薬品ではありません。
この事から、安全性を心配する方もおられる事でしょう。

この治療薬を製造するアジャンタファーマー社はインド有数の大規模な製薬会社なのです。
アジャンタファーマーは、ED治療薬以外にも様々なジャンルのジェネリック医薬品を製造しています。
その安価なジェネリック医薬品は世界中で使われていて、世界各国の人々から信頼を獲得しているのです。
そんな確かなメーカーが作る治療薬であるバリフは、信頼できる医薬品だと言えるでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation